車査定制度の事を色々考える事でいてほしい

二重査定制度といった制度があります。

 

これは、再査定制度とも呼ばれているものです。

 

どんな制度かと言うと、査定後に申告されていないダメージが見つかった際、買取業者が査定金額を変更できるというものです。

 

買取り業者は、査定した後にダメージが見つかると、予想していた額で転売できなくなります。

 

審査の際、車の様子をごまかして申告し、それが後で発見された時点などに、この制度が適用され、査察額が変更されてしまいます。

 

つまり、一度は高い査定額が提示されても、後で査定額が低く変わってしまうということです。

 

根本的に買取ディーラーの損失を防ぎ、買取店の都合よいように働くようになっているのが、二重査定制度です。

 

それにより、売り手側は、審査に出す場合は、車の状態をしっかりと報告することが不可欠です。

 

先ず正確な査定額を出してもらえるよう、自分がわかる限りのダメージは全てきちんと申告することです。

 

鑑定前に事前に申し渡していれば、そこが重度であったとしても、鑑定側の責務になり、後ほど減額されることはありません。

 

再査定制度は、じつは大部分の業者が採用している、契約書に小さく書かれていることが多いので、よく確認しておく必要があります。

 

 

 

 

エクストレイルの値引き目標額と下取り査定額をアップさせて安く購入する方法を紹介しています。